スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

『ビーズ・ビー 12』読みました

beads’bee-12
ビーズ・ビー (Vol.12) / パッチワーク通信社

漸く手に入った『ビーズ・ビー12』。
さらにレビューも遅れて・・皆さんご存じで参考にもならないかもしれないんですが 
自分の記録として書きますね。

(ビーズフレンドのほうもアマゾンさん遅れてるんですよ・・・
 一体どうなっちゃってんでしょうねぇ)

ビーズ誌で何が大事かって、勿論トレンドを掴んでいることは基本だと思うのですが
それに加えて、掲載されているアクセサリの「写真としての美しさ」、も大事だと思うのです。
画像・・印刷方法なんかも大事なんじゃないかな。

綺麗なアクセサリが掲載されているのに、とか トレンドを意識していて確かに興味深い内容なのに
なんか買う気にならない本って 本屋で見ていて時々あります。
それは撮影~印刷段階で 粗雑な感じに映っているからだと気づく。

「ビーズ・ビー 12」は とにかく画像が美しくて、
そういう点でも秀逸です。
そして記事レイアウトもあか抜けてる。
安心して読めるし、アクセサリがより美しく感じられて
うっとり☆ 
写す人、印刷する人(というかチェックする編集者の皆様の)の 
アクセサリに対する愛情すら感じます・・v

清水ヨウコ先生とか、山田八重子先生とか、もう有名どころの作家様の作品が一杯!
天然石アクセ一杯バンザイv
カナコ先生のシェブロンビーズのアクセサリとか、とんぼ玉で上品なアクセサリ作るときの参考になりそうだなと思いました。

そして、天然石のサイエンス的なお話とか、石の効能とか、多方向からの見方で記事が載っていて面白いです。

アーティストインタビューでは 飯島みどり先生が。
ごろっとした天然石を上手にワイヤーで巻いてアクセサリにするのが先生の特長で、ごつくなくて洗練されたアクセサリに仕上がっていてびっくり。

以前別の本で同じような特集(ワイヤーで石を巻く)やってて 私もやってみたんですが、
やっぱりワイヤーから石が ころっ ところげ落ちちゃうんですよねぇ私・・ で、
今回の記事で少し改善点が判ったように思います。必見ですよー

ステッチはスクエアステッチ。勿論アメリカンスタイルのステッチ講座広告載ってましたー
他にもポリマークレイとかクロシェとか載ってます。多彩な本です。

以前どっかのレビューで この『ビーズ・ビー』誌に対して
「楽習フォー○ムのビジネスライクなにおいプンプン」てなコメントを読んだことあるんですが、
私はそれはそれでいいんじゃないかと思います。新しい技法を紹介していて、
興味がわけば習いに行けばいいわけで(^_^)

まぁ そういう面をさっ引いても とても美しくて、とても参考になる一冊です。大好きよ♪

スポンサーサイト


ビーズ本レビュー | 【2006-09-05(Tue) 20:44:23】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
朴リンダさま こんにちは♪

はっ そうだv-12
私も発信する側でもあったんだ・・・!(今更気づく奴ですv-402
そうですね、頑張って作った作品、より美人に撮りたいと
思うのですっ
1眼レフのデジカメ 高いけど~欲しい・・・!!!です。 
2006-09-13 水  09:07:36 |  URL | JYマム #oPJiSCBA [編集]
オークションでも同じ商品で、買いたいと思うものと思わないものでは写真や文の書き方なんかが全然違いますよね!

ハンドメイドを本格的にはじめて
「カメラほしい!上手になりたい!」って本当に思いますv-212

2006-09-11 月  12:54:47 |  URL | 朴リンダ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © △▼きままにビーズ▼△ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。